お知らせ

国連報告者の9月訪日決まる 福島原発事故、初の避難者調査

 東京電力福島第1原発事故の避難者調査を求めていた国連のセシリア・ヒメネスダマリー特別報告者(国内避難民の権利担当)が926日~107日に訪日することが3日までに決まった。国連人権高等弁務官事務所とヒメネスダマリー氏が明らかにした。

 国連人権理事会に任命された専門家による避難者の本格的調査が実施されるのは初めて。原発事故の自主避難者は住宅支援打ち切りなどで厳しい生活環境にあり、人権団体などが懸念を示している。

 ヒメネスダマリー氏によると、調査の具体的なスケジュールは調整中。復興庁や外務省当局者らとの会談や、自主避難者の聞き取り調査などが行われそうだ。(河北新報オンライン20220603


最高裁第二小法廷 20220617判決

 国の責任を認めず

 裁判長・菅野博之 裁判官・三浦守 草野耕一 岡村和美

 判決全文

 裁判例結果詳細 | 裁判所 - Courts in Japan

 091243_hanrei.pdf (courts.go.jp)

 <少数意見>

 裁判官三浦守の反対意見(p.25~)

 判決要旨

 原発事故巡る最高裁判決の要旨 | ケータイde中国新聞 (k-chu.jp)

 福島テレビ 解説 

 最高裁判決ポイント解説《原発事故で国の責任認めず》原告からは「血も涙もない判決」:ニュース - FTV 福島テレビ (fukushima-tv.co.jp)

 20220617 UPLAN 原発被害者4訴訟(千葉・群馬・生業・愛媛)最高裁判決行動・報告集会
 https://www.youtube.com/watch?v=JZeruea_hyg